質屋の買取術
コンテンツホーム 質屋の基礎知識 質屋の歴史 買取の流れ 査定のポイント お問い合せ

質屋の歴史

質屋の歴史はとても古いと言われていて、鎌倉時代まで遡ってその歴史は約700年の歴史があると言われています。その当時の質屋は今のようなブランド品を扱ったりするのとは違って、味噌やお米などやお酒などを扱った庶民的なお店と両替商などの大きなお店があったと言われています。

最近では質屋は昭和30年頃から利用する人が多くなり、当時は全国で二万軒ほどの質屋があったそうです。でも、いろいろな制度の改革や高度経済成長などによって庶民のお財布の中身も温まってきたせいか、質入れをしてお金に換えるという事も少なくなったことによって、質屋は減少していったようです。現在でも、質屋は全国的に減少してきているようです。

質屋が出来た頃の庶民の質屋の利用法というと、それはご飯を食べていく為の人が多かったようです。今では小遣いやお買い物のローンなどの支払いなどに当てられていることが多くなっています。
質草も昔は衣類や生活用品などが殆どで、時代の流れとともにそれは家電製品へ変わり、さらには指輪や時計、ネックレスなどいった高額な物やブランド品が多くなってきています。

質屋のよさがいまでは見直されるようになってきていて、取り扱っている金額の品物の値打ちの範囲や、流すとその後はサラ金などといったような請求がないことなどで、今の社会にあったシステムだからだと言えるでしょう。

質屋とリサイクルショップの違い

質屋というとブランド品といったイメージが強いかと思いますが、その中には生活用品なども質屋で取引されているのです。

質屋の中にはリサイクルショップと一緒にしたお店もあるようです。そこから質屋のイメージがだんだんと明るくなってきた事が分かるような感じがしますよね。質屋というとなかなか近寄りがたくて足が出向かない印象がありますが、リサイクルショップと聞くと普通に入ることが出来たりしますよね。

質屋はブランド品以外にも家具や、家電製品なども扱っていて、それをゴミに出したりするのはもったいない・・・という事から質屋を利用したりリサイクルショップを選んだりなどする人が多いそうです。小さな物で持ち込むことが出来るものは、持ち込む方が有利となります。

買取する金額に違いが出てくるので、大きい物となると宅配便に費用がかかったり、場合によると買取が出来ないと拒否されたりなどがあるので注意しましょう。

注目サイト

池袋の金券ショップ

Last update:2017/8/25