質屋の買取術
コンテンツホーム 質屋の基礎知識 質屋の歴史 買取の流れ 査定のポイント お問い合せ

質屋の基礎知識

ここでは質屋の基礎知識についてご紹介していきます。

質屋事情

質屋で売ったり、買ったり

日本の経済力も上昇してきていて、私達日本人も世界のブランド品と呼ばれているものを今では沢山の人が愛用するようになってきています。そのブランド品のなかには、高額な物もあってなかなか欲しくても手に入れることの出来ないブランド品もたくさんありますよね。

たとえそうではなくても新しいブランドのバッグであったり、財布などどれも高級な物ばっかりですよね。オシャレ好きでショッピング好きなオシャレな人にとっては目が離せない色々なアイテムがたくさんあることでしょう。でも、新品ばかり買ってばかりじゃお財布の中身もついていけませんよね。

そこでそんなときこそ、質屋を上手く活用してみるのです。全国各地の質屋では質流れ品や金融品の即売会なども催されていて、バーゲンなどもやっているようですよ。

質屋の特徴

ここ最近では、特に1980年代以降の質屋の形は顕著で、昔風な質屋のスタイルが減ってきています。その中、ブランド品を売ったり買ったりするのを専門とした質屋が現れたりなど、スタイルを持った質屋が増えてきていて拍車かかってきていると言われています。

法律面から見てみると、消費者金融業者などの貸金業者とは違って、質屋営業法に基づいた業種の形になっています。質屋営業法の第二条の規定によって、各営業所ごとに、管轄している都道府県公安委員会の許可が必要です。

質屋の手続きは簡単?

銀行でお金を借りるときって、とても面倒な手続きや調査などがあってそこではじめて融資を受けることが出来ますが、質屋の場合だと担保を介した融資のやり取りとなるので、面倒な手続きなどはありません。

自身の身分を証明できるものと、預ける予定の品物を持ってくればそのばで融資をすることが出来るのです。

本当の質屋とは?

質屋とはブランド品などを売ったり買ったりするというイメージが大きいかと思いますが、本来は質を担保としてお金を融資する業者のことを言うのです。質屋はお客さんから預かった品物の価値に見合った金額を融資して、返済期限内で利息の支払いなどを受けてその利益を計上するというところなのです。

質とは融資を受けるために担保として、一定の期間に預けておく家財や衣類などのことで質草や質物などと呼んでいます。質屋側からみてみると、客から預かるアイテムの価格が高くて、融資をする金額が大きければ大きいほど、稼げる利息も大きくなってくるのです。

質屋は質草を預かってお金を融資するのではなくて、返済の期限を越えても返済に来なかったお客さんから預かっていた品物を、質流れ品として売ったり、最初から中古品を売る目的で買い取ったりするなど、別の所から新しい物や中古の品などを仕入れたりなど小売りの販売などもしています。

Valuable information

美容はさみの販売
https://www.hien-scissors.jp/

最終更新日:2017/5/9